A notre façon

jeleslie.exblog.jp ブログトップ

絵本とお菓子と・・・

今週末から始まるイベント
今回のA Notre Façon~絵本と花とくつろぎの時~では
Je les lie 3人が持ち寄る絵本とレビューの他、
ヨーロッパの絵本を取り扱うイラスト・ユーロさんにサポートいただき
フランス語の絵本を展示・販売いたします

私たちが選んで先に取り寄せた絵本の他、
イラスト・ユーロ店長、泉さんの選んでくださった絵本も届きました
a0225587_15382899.jpg

a0225587_15411648.jpg
a0225587_1547129.jpg
a0225587_1556114.jpg
a0225587_1558820.jpg


まさに宝箱!
わたしたち3人、出てくる絵本の美しさに、自分自身が欲しい物ばかりで大興奮

イラスト・ユーロさんはもともとヨーロッパのすぐれたイラストレーターを紹介するお仕事の
ひとつとして絵本もお取扱いされているので、絵画の様に美しく
アート性の高い絵本が多いのが特徴です

こちらは私たちの今回のDMにも登場したLubie
17世紀の画家ヤン・ブリューゲルのお話
a0225587_1645111.jpg

a0225587_1695822.jpg

こんなに美しいのにテーマは社会問題となっている不況と貧困

a0225587_16272189.jpg

a0225587_16303831.jpg

a0225587_1639366.jpg


この色調にうっとりしてしまう美女と野獣
a0225587_16472443.jpg

a0225587_16522293.jpg

a0225587_1656019.jpg


モーリス・ラヴェルを題材にしたこちらの絵本はCD付
a0225587_1713554.jpg

a0225587_752538.jpg


このほか、ちいさなお子様にもぴったりな絵本やゲーム絵本もご用意しています
ぜひ、会場で手に取ってご覧ください


そして、今回の展示会でお世話になるもうひとつのお店、ジャルダン・ノスタルジックさん
ジャルダン・ノスタルジックさんは神楽坂にあるお花屋さん
私たち3人が大好きなとても素敵なお店です
a0225587_7545219.jpg

a0225587_7552756.jpg

a0225587_7555229.jpg


初めに3人で今回の展示の話しをしていた時、
誰からともなく、お菓子もあったら嬉しいよね、ということになり
私たち3人が大好きなジャルダン・ノスタルジックさんにお願いすることになりました
今回、お花はJe les lie で担当するので、果たしてそこにお菓子だけお願いするなんて
大丈夫かしら?とどきどきしながらのお願いだったのですが、
そこはお優しいジャルダンノスタルジックさんのこと、すんなりお引き受けいただいたばかりか
Je les lie とコラボで今回の展示会用のラッピングにさせていただくこともお許しいただきました
a0225587_757240.jpg


今回ご用意いただく焼き菓子は全部で6種類
手作りのジャムがはいっているものだったり、ハーブのきいたクッキーは
ジャルダン・ノスタルジックのタカさんオリジナルです

ジャルダン・ノスタルジックさんの店内には嬉しくなる季節のお花がいっぱいなのは
もちろんですが、雑貨やフランスに行ったときに買っていらしたアンティークなど
お店の隅々までよく見ていないと見逃してしまうほど、色々なものが並べられています
今回、私たちが、お店から少しずつ家に連れ帰ったそういった子たちも会場に持っていきます
a0225587_7593710.jpg

a0225587_803220.jpg

たくさんのすてきなヒト、モノ、コト、をつなげてつながって・・・との思いで始めたJe les lie ですが
こういうイベントの時ごとに思うのは、大切なことをつなげていただいているのは
いつも自分たちのほうなのだと、まわりのあたたかさに感謝するばかりです
[PR]
# by jeleslie | 2016-02-22 15:20 | 展示会 | Trackback | Comments(0)

アコーディオン演奏 大塚雄一さん

27日から始まる A Notre Façon
イベント初日には13時より大塚雄一さんによる素敵なアコーディオンの演奏があります
a0225587_7493084.jpg



一回目のA NotreFaçonでは、大塚さんにライブをしていただきました
私たちJe les lie にとっても初めて企画するライブでどきどきしましたが
お陰様で多くのお客様にお越しいただき楽しんでいただく事ができました
a0225587_7524094.jpg


今回は前回のように長い時間のライブではありませんが、魅力あふれる演奏を十分お楽しみいただけます
今日は、大塚さんにいろいろお聞きしながら、大塚さんとアコーディオンのこと、ご紹介いたします

通常、アコーディオンというと私たちは鍵盤のあるアコーディオンの方がなじみがありますが
大塚さんの演奏されるのはボタン式のアコーディオンです


-----------ボタンアコーディオンと鍵盤アコーディオンの違いは?

形状の違い以外に音の並び方の違いによるフレージングの違いがあります。
弾きやすいフレーズがボタンと鍵盤では少々違うという事ですね。
いわゆるパリミュゼットと言われる曲の中にはボタンアコーディオン奏者が作ったと思われるものがたくさんあります。
そういう曲はボタン式ならではの流暢さがメロディーに現れていると思います。


-----------大塚さんがアコーディオンを弾こうと思われたきっかけは何ですか?

僕がアコーディオンを選んだきっかけはジャズギタリスト、パットメセニーのビデオでピアニストのギルゴールドスティンがアコーディオンを弾く姿を見たのがきっかけです。
アコーディオンという楽器のかっこよさがそこにはあふれていました。
また自分でもって歩ける楽器をやってみたかったというのもあります。
しかしこれはアコーディオンを始めてみてから予想外の重さに少し当てが外れたところはありますが。


------------大塚さんはいろいろなジャンルの方とも演奏されていらっしゃいますね

アコーディオンは少し前の日本ではかなり固定観念の強い楽器でしたが昨今は様々なミュージシャンが様々なシーンで使うようになってきました。
アコーディオンはその昔世界中に広まって現地の音楽と結びついて様々なスタイルで演奏されるようになった様です。
現在では情報化時代でそのような音源も耳にする事が出来アコーディンの可能性も改めて認識されて来た様ですね。
僕自身は好きな曲を弾くという事をテーマに音楽活動をしています。
ジャンルにはこだわらない感じですね。
今度のギャラリー オカリナBではミュゼットやフレンチなものを中心にやる予定です。

a0225587_82054.jpg


今回のイベントのオープニングに演奏していただけること
私たちJe les lie 一同とても嬉しく感謝しています
どうぞ、たくさんの方にも心地よい時間をたのしんでいただけますように・・・
お待ちしております

2月27日(土)13:00~  @Gallery okarina B
[PR]
# by jeleslie | 2016-02-14 23:15 | 展示会 | Trackback | Comments(0)

フランス絵本 読み聞かせ

今回のイベントの中ではフランス語の絵本の読み聞かせもあります

今回、絵本を読んで下さるヤンさん

私たちの選んだ絵本を見ながら何を読もうかヤンさん思案中

a0225587_7392072.jpg


そして、えらんでくださったのは...

Pollen - une histoire d'amour ポラン - 花を愛して

a0225587_7424081.jpg


初めて見たとき、この表紙にすっかり魅了されて2年程前に購入した本です

ヤンさんには何冊かお渡ししていてこちら以外のものになるかな、と思っていたので

なんだか嬉しい

フランス語の絵本はほとんどその場でお買い求めいただけますが

こちらの絵本はお取り寄せになります

会場でご覧いただいて気に入ってくださった方はお声掛けくださいね

a0225587_7433765.jpg

[PR]
# by jeleslie | 2016-02-12 16:45 | 展示会 | Trackback | Comments(0)

     Je les lie               ジュレリー                偶然だけど必然              つなげて、つながって・・・


by jeleslie
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31